FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

○この前塩山の警察署の前で飲酒運転の検問に引っかかりました。「お酒飲んでないですか?免許証を見せていただけますか」

○さかのぼる事・・先月、渡航先のニュージーランドでもパトカーに停止を命ぜられ「同じような質問を受けたばっかり。そのときはもちろん生ビール一杯飲んでたので「オーイエス」。おもむろに取り出したアルコール検知器。そこから出ている細い管に息を吹き込めという。アイスコーヒーをかき混ぜるのにストローで息を吹き込んでかき回すのは好きだが、アルコール検知器に息は吹き込むことを好きな人はおそらくいないでしょう。ほろ酔い加減の頭の中ではドラムのロール(昔、よくマジックショーなんかで見せ場を演出するためにドラムの小太鼓をダラダラダラってすばやく叩く事)が徐々に大きくなって最後に小太鼓をダン!。コップ(警官)に手渡すと横にあるボタンを押した。検知が始まる。再びドラムのロールが鳴り響いた。検知器をしばし見ていたコップがうなずくと「シー(見ろ)」と検知器のディスプレーをこっちに向けた。そこには小さく「パス(合格)」。

○この国ではビール一杯ぐらいの酒気帯びは許されるんです。で町長さんに提案なんですが「ぶどうとワインの町」勝沼の条例で少しだけのワインなら飲酒運転にならない。そんなもんが出来るといいかな?と。(だめだめ絶対だめ)
スポンサーサイト



2003/08/03 22:31|勝沼のこと

 

○まちづくり関連の会議が多い。皆けっこういいアイディアがあり話し合いは順調。だけどいざ実行しようとすると前に進まない。いつもここで終わっちゃう。いくつかの先進地を見て成功の秘訣がわかった。それぞれの事業に「人を育てるシステム」ができていて、しっかりと機能しているということ。で、そのまわし付けには必ず家族からも一時は見放されるほどの「まちづくりバカ」が存在しているということ。

○先日行った長野県松代町には香山さんという「まちZくりBK」(本人もそう言ってました)そのものがいらっしゃった。昭和41年に長野市と合併し、メリットもデメリットも経験してきた。行政の効率化や歴史的文化財の整備は進んだが、地元のことをわかる職員はいなくなり当事者意識が薄れていき、28人いた議員は3人になった。

○住民はおらが町を良くしようという意識は消え、行政依存が進み。武家屋敷の土塀がブロック塀に変わって行った。地域ブランドをなくし、町の顔が消えた。

○これではいかんと立ち上がったUターン住民の香山さん、身銭をきってまで地域のアイデンティティ(舌を噛まないでね*個性)の確立や誰もがまちづくりに参加できる場作りに奔走し、人々が失った誇りを取り戻した。

○じゃ合併問題で揺れる勝沼、何が必要?
1、自分(勝沼)でやりたいことを自分(勝沼)で決定できること。”自己決定” (自治みたいなもんかな?)
2、自分(勝沼)の力で実現できる”自己実現”仕組みをつくること。 (予算とか権限がないと)
3、それらを認める「母体行政の質」が必要 (合併協の大切な論点)
4、何より「行政や他人に頼らない住民の存在」があること (何ができる?)
5、これから作るものは人が育つものを (公園とか資料館とかはもう・・)
6、言っていいかなあ?ブランドは誇りに思ってもおぼれないこと

○えっ単独?単独なら自己決定はできるけど現状自己実現はどーかなあ・・・。自己実現プラン(単独案)は作れないでしょう。作れれば最高!乗りますよ。でもおそらく無理・・。

○さあ、なんぼでも話し合いや学習会ばっかしてないで何かやりましょうよ。とりあえず押し入れにしまってある不用品を朝市(フリーマーケット)で売ってみない?
2003/08/01 20:03|どーする合併

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.