FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

事例発表1

一緒にやっている町づくりプロジェクトのメンバーが事例発表するというので町民の集いに行った。午前中から映画「グース」の上映があったけど忙しくて午後からの参加。朝市のチラシもしっかり配ちゃった。

なんか皆さん背広なんか着こんで重々しい雰囲気。さすが教育委員会(主管)のなせる業!集まっている人たちを見渡すといつもこういった会議で顔を合わせる皆様(特に高齢の方が多い)&職務の関係で来た皆様。またしても一番来てもらいたいバリバリの人たちはとても少なかった。そうだよねまちづくりなんて流行らないよね。興味もないし。それに日曜日はみんな家族サービスでいそがしいしね。風が無いから農家は硫黄の消毒もやらないと。ちなみに私の席の後ろの人は高イビキをかいて寝てました・・・お役目ご苦労様です。

せっかくの良い天気なんだからぶどうの丘の野外で実際の景観を見ながら観光客の人にも飛び入りで参加してもらってやればもっと盛り上がったと思うさ。そうすれば「観光客が勝沼に求めるものは?」なんてパネリストたちが必死に探さなくても答えは出るのに。

ごめんなさい、悪口ばかりで。でも私自信とても興味があるものだったことは間違いない。
事例発表2

町づくりプロジェクトのメンバーのパネリストも堂にいったもの。おまけにS藤さん朝市の宣伝までしてくれて。ラックの屋代さんの説明もよかった。特に電柱をなくしちゃったりする合成写真では皆かなり反応してた。これもフォトショップの威力。あと手塚さんもユーモアを交えて楽しかった。
事例発表3

ただ、いかんせん討議の時間が少なすぎた。なんか尻切れトンボだったなあ。このあとの参加者を含めた話し合いが核心に入るんだよね。もう少しだけ時間があればもっと突っ込んだ話ができたのに・・・残念。

終わりの言葉で「私の地区ではぶどう畑を守っているのは50歳過ぎがほとんどで、20歳代の後継者なんてひとりもいない」これって本当にやばいよね。ほんとに悠長なことは言ってられないよね。都市マスタープランを作って規制をかけて条例つくって景観を守るなんてことやっているうちに・・・実際にぶどうの作り手がいなくなったりして・・・それこそ「ぶどう畑保存会」でも作って指定した地域は死守していかないとほんとやばい。「景観守りましょ」なんてヤワなこと言ってられない。実際に勝沼のランドマークでシンボルのぶどうの丘西側斜面は耕作放棄した畑だらけ・・・。
スポンサーサイト



2004/03/08 21:01|勝沼のこと

 

役場の人、特に上の人(偉い人たち)の一部には2月22日に行われた女性模擬議会はとても不評みたい。中には「とんでもないことしたね」なんて優しいお言葉もいただいたりした。

私も実行委員だった。ほか模擬議員はじめヒューマンプランの委員さん(みんな一般町民)が汗を流して実現したもの。もちろん町の事務局も張り切ってくれたし、わからないことを教えてくれた各課の担当者の皆さん、農協の担当者さん、本当にありがとうございました。で、不評。



▽続きを読む▽
2004/03/06 20:53|勝沼のこと

 

私が入院していた時、いとこの真也がお見舞いにきた。

ひと通りの病状説明をして、話はお互いの活動のことになった。真也はかつてサーカーの日本代表を目指してブラジルのプロのチームでもプレイした。しかし足の故障のためその夢を断念した。しばらく家業を手伝いながらコンサートやイベントの企画をしていた。2002年ジャパンワールドカップにあわせ、市民レベルのワールドカップを友人と企画し地元の小学校の校庭で開催した。


このイベントは県内でも話題となり翌年は会場を勝沼町中央公園に移しさらに進化した。そして今年、予選は勝沼で行うものの決勝戦を緑が丘に移し山梨県の共催のもと8月14日に開催されるらしい。夢は国立競技場という。

真也も「やりたいこと」実行している一人だ。単純に「面白そうだからやり始めた」「日本代表を応援したかった」からはじめたらしい。そんな活動が認められて今年は財政面でも県の国際交流センターが支援してくれることになったらしい。市民レベルでの国際交流として。最初から行政にお願いするのではなくて好きだから勝手に始めた。だんだん認められてくると行政も積極的に応援してくれるようになった。ハードものにお金を使いづらくなると、こういった市民団体の活動に支援するのが流行るだろうなあ。
2004/03/05 22:44|勝沼のこと

 

ところで勝沼のリーダーさんたちは「新しい自治システム」の具体的な中身を検討しなくていいのかなあ?地域自治組織(地域協議会・・)と区の関わりとか、区自体のシステムとかも。今月、特例法と特例新法案と地方自治法の3法案が閣議決定されて地域の自治組織のありかたがはっきりしてきたんだから。今度は本腰入れて東山梨における「理想の地域自治のシステム」を検討していかないと。正直いってそれが大事だと思う。

いくら地域自治組織が大事って叫んでも、じゃ具体的にはどんな形でやりたいの?区や自治会との関係はどうなるの?って言われて何も言えなくなるんじゃ、無責任。勝沼はここで尻まくったじゃあ、ちょいとおかしい。あれだけ地域自治組織の重要性を訴えてきたんだから、その根本にある精神とその具体的な形を示してあげないと。あとは協議会にお任せしますじゃあ、きっとおかしい。だからリーダーさんたち頑張ってください。応援してます。でもこれって難しいよね。きっと。思い切って小学校区制でやってみるとか、どう?
2004/03/03 20:41|どーする合併

 

山梨市頑張ってる。議会改革として3月の議会で実施された一問一答式の代表質問、これなかなかいい。実際にcatvのライブ映像で見てたけど(ちょうどその時山梨市の病院に入院してたので見てた)わかりやすかった。質問も単刀直入で非常にわかりやすかった。市長もかなり雄弁でスゲーと思った。勝沼よりやっぱレベルが上かな???1人の議員さんの代表質問しか見てないけどね。

ところで町のリーダーさんたちがよく使う言い回しに「○○するなかで」がある。用例とすれば「えー今回のこの問題を検討していくなかで、私どもも十分勉強するなかで、取り組んでいく必要があるなかで、町民の声をもっと吸い上げていくなかで・・・」てな感じで、いつまでも「なかで」でつながって先が見えてこない時がある。これ本当、よーく聞いてみて、けっこう使ってるから。たぶん、たぶんだけど「なかで」を使わなくなればもっと単刀直入なものになると思うんだけど・・・。

勝沼であんまり山梨市のことを褒めてるのを聞いたことないけど、私はスゲーと思ってる。学校の2学期制とかもやってるし、なんだか忘れちゃったけど県が募集した提案も県内では山梨市だけが突出して積極的に出してたし。ちゃんとやっちゃうところがすごいよね。
2004/03/02 22:39|甲州市のこと

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.