FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

昨日山梨市が法定協離脱の意思を発表した。数日後には法定協で認められる運びだ。新市の名前の決め方が問題らしいが他にも色々考えたらやっぱ「合併すると山梨市は不利だとか、良いところはない」というという結論なんだろうなあ。

「再び合併協組みなおし」「計画の作り直し」を余儀なくされて損失はでかい。これ実際に合併しなければ既に使われている経費をだれが払うんだろう・・・。まあいいけど。

多分、しばらくは山梨市を非難する声が上がって盛り上がるんだろうなあ。でもきっと山梨市に同調するところが出てくるよね。で、次は1市4市町村でやっていけるのか。という議論で盛り上がるんだろうなあ。

ところで、勝沼は合併が必要、間違いない。でもその相手は勝沼より小さい自治体じゃだめ。勝沼がイニシアティブとっても経営面でそのセンスはないから。

勝沼は少なくとも勝沼より大きいところと合併して、少し虐げられた中で自分たちを見つめないと。山梨市の離脱を良いことに「勝沼は単独で」なんて言い出したって無理。今の三菱自動車じゃないけど、存続をかけての危機感を役場の職員と全ての町民が持てるかどうか。それが持てれば単独だって行けるかも知れない。

でもその時は町長さんと教育長を全国公募してみましょう。経営センス、教育のエキスパートを持った勝沼のファンはいっぱいいるはずだし。地元のことを知らないと・・なんて声もあがるだろうけど、まずは屋台骨をつくらないと。これってきっと全国共通だから・・。もちろん成功報酬もかなり弾んでね。

▽続きを読む▽
スポンサーサイト



2004/07/29 22:50|どーする合併

 

ちょうちょうさんが記者発表してたけど、「魅力ある観光地づくりモデル事業の第1号のモデル地域として、塩山市、山梨市、勝沼町の2市1町を指定を受けた。「近代化産業遺産の活用」をうたっているらしい。

今年度はソフト事業として計画をつくるらしい。思うに・・・小手先だけの事業はやらないでもらいたい。安易に博物館、資料館、ふれあい広場などと銘打った交流施設やレストランをつくるのは勘弁してもらいたい。



▽続きを読む▽
2004/07/04 22:49|勝沼のこと

 

別に○○のことじゃないんで・・

いいよなあ・・補助金もらって色々なお宝を導入するけどけっこう持ち腐れが多い。そのお宝、担当部署もよく使い方とか、からくりがわからないんで業者に言いなり。で、甘い汁。

いいよなあ・・計画づくりだけでソフト事業なんていってお金(補助金)もらえて。

いいよなあ・・株主が静かで、社長は商売知らないけど、簡単にはつぶれなくって。

いいよなあ・・
2004/07/02 21:46|勝沼のこと

 

合併の協議会が紛糾している。新市の名称でもめているらしい。全国公募までは決まったが既存の市町村名を候補に含めるかで5回の新市名称委員会を開いても平行線。昨日の小委員会で最終採決があり17名中、11名が「既存の市町村名を含めないで公募」6名が「含める」当初は含めた方がいい、としていた我が勝沼も「対等合併を考えれば・・」ということで含めない方に挙手したらしい。

この採択は報告ということで協議会へ上程するらしい。任意から法定協議会に移行する段階で先送りした「新市の名称」や「役場の場所」など基本的な項目を先送りしたツケが廻ってきた。紛糾して議論を重ねるのはとてもよいことだけど、なんとなく各市町村の協議会へ臨む姿勢が私たちが協議会に望むものと違うのかな?って



▽続きを読む▽
2004/07/02 20:47|どーする合併

 

危険だ、この言葉。行政能力の低下と財政難でまたしわ寄せが住民に・・・って大げさだけど。今消費税を10%に上げられないなら「協働」という大義名分をつくって労働奉仕をさせやしょう。と頭がいい人が考えてるかもしれない。勝沼が合併に際して提案している「新しい自治システム」にもこの言葉が「新しい団体自治」と「新しい地域自治」の狭間で大きくシンクロナイズしている。

最近、町の保健師さんから四季の里地区から「食生活改善委員」を選んでほしい、という要請があった。成人病予防には食生活から、正しい食生活を応援するように・・・と、事務局である町から、委員を選出していない四季の里からもだしてほしい、という。

個人的にはこの食生活改善委員という団体は大賛成だし、存在意義もあるとは思う。でも、ときに半ば強制的に町の事業のお手伝いをさせられてしまう。ことがある。こういった半公半民という曖昧な立場ゆえ、町とのギブ(事務的なものをやってもらう)&テイク(町の事業のお手伝い)の蜜月関係で活動はつづく。

かくいう、「町プロ」も任意団体として生まれ変わったものの・・いくつかの理由で町に事務局をお願いしているわけだが、この辺が微妙なところで、団体の意思によるのか、町の意思によるのかそ明確にしていかないと結局は行政事務局におんぶにだっこでなかなか斬新で効果的な活動は生まれてきそうにはない。

正直言って、まったくの自主団体として活動できるようになるまでの間は行政の支援は必要である。委員選出にも関わるべきだとは思う。ただこういったことが「協働」という言葉でひとくくりさせられて結局は行政から活動資金をもらって行政の支援団体に成り下がってしまうのはどうかなあ。自らの意思で自らが望む活動が生まれにくくなってくるんじゃないかなあ。

そう考えれば朝市会はけっこう頑張ってるなあ・・と手前味噌でごめんなさい。
2004/07/01 20:34|勝沼のこと

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.