FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

どう決着するかわからないけどlivedoorの日本放送株買占めとか、過激に突然やると反発うける。組合が本格的に動き出したあの丘だって今までの歴史をよーく勉強した上で変化を起こしていけばいいかもしれない。

期間採用の、といか任期がある蝶々さんが最高の責任者なんだけどどうしても自分の任期中に改革をしたい、と思っちゃう。だから手っ取り早いトップダウン方式で管理責任者(支配する人)を変えちゃう。

やる気満々で来てもその改革の土壌というか環境が整っていないので・・・。やることが裏目にでる。

長野県知事に田中康夫さんが就任した時もすったもんだあったけど彼は選挙で県民から選ばれた人でバックには県民がついていた。

あの丘の長も蝶々さんの任命じゃなくって、公選に・・・・それもまたこの勝沼では大騒ぎだろうなあ。
スポンサーサイト



2005/02/10 20:48|勝沼のこと

 

勝沼の民間の発行紙、夢農民新聞が新聞の折込で配られた。こういう風に地域の情報を伝えていくのは大賛成だし、朝市の広告もサービスで載せてもらってうれしい限り。100%応援してる。

今回「・・・創造戦略会議」録なるものが載っていた。ぶどう祭りのあり方を中心にかなり盛り上がった様子を載せている。内容は斬新で素晴らしい。その出所の戦略会議のメンバーは仮想としてあるもののメンバーのプロフィールを読めば大体だれかが察しがつく。(ちなみにtakaというのは私ではありません)

どうせならしっかり実名載せてくれればよかったなあ。そうすれば言うだけじゃなくって実行する力にもなると思うし。この紙面に載るということは責任が付いてくるはずだし。肝心なところがぼやけちゃうとね。今度編集長さんに会ったら伝えよう。
2005/02/08 22:47|勝沼のこと

 

他、質問したかったけどできなかった内容です

一番怖いのは地域自治組織をつくりましたからそこで解決してください。と今まで行政として普通に対応していたことまで回しやしないか、行政判断において解決できるものまで地域自治組織に回されやしないか。総合局を通して本局にまわすもの、総合局で解決するもの、地域自治組織でやるべきものを明確に。問題や要望が地域自治組織に山積みにされてあたかも進行中のように見せかける隠れ蓑にしないか。地域総合局が支所の役目をするのであればその境目は明確にするべきである。

地域自治組織が「自分たちの地域を自分たちの意思で自分たちでつくろう」というならばの単位の旧市町村単位というのはおかしい。
というのも東雲の四季の里で公園の管理にお金を使いたい。という気持ちが菱山や岩崎の皆様には伝わりにくい。反対に岩崎地区で道路を舗装したい。という気持ちの切実さが東雲の四季の里には届いてこない。仮に私が地域協議会の委員で予算はこれだけしかないので優先順位をつけろ、といわれても困る。つまり当事者意識を感じられるのはせめて小学校単位ではないのか。今までは地域代表的な議員さんがいましたがこれからは違う。

勝沼が今までやってきた事業をやりたいからというのは反対。今まで町が良かれとしてやってきた事業(農業振興・ワイン振興など)その事業を施されたひとが本当によかったと感じているものなのか。よかれと取り組んだ勝沼らしい事業も実際の当事者・受益者から感謝の気持ちが今ひとつみえてこない。今までやってきたことをそのまま全てやるのではなく、もう一度見直す。

地域担当制を取り入れてほしい。役所へ務めているほとんの職員は甲州市の市民である。その職員ひとりひとりがおらが部落の当事者として行政への水先案内人としての役目を果たしてほしい。最初は「お願い」とか「苦情の処理」が多いと思うがそこから信頼関係を築きあげたらどうか。民間の企業はそこまでやるの?というところまで努力をしています。行政も再生のために本気な意気込みを見せて欲しい。とくに管理職のみなさま。
2005/02/06 00:45|どーする合併

 

最後の合併の説明会、今回は甲州市のまちづくり計画を中心に説明する。会場の福祉センターに行くとすでに当局側が正面に役場の管理職全員が横にズラーっと座っていた。
machi-keikaku1

質問して盛り上げて!って言われたけどこりゃ恥ずかしいや。

いつもながらに蝶々さんの挨拶+今までの経過からだ。蝶々さん今回は原稿のまる読みはなさそうだ。時にこちらの目をみて穏やかに話をしている。まあまあいい感じ。でも話が住民意向調査の件に差し掛かった時、急に目がパチクリ、時には下を向いて・・・・。今こそ目をパっと見開いて、という時だったのにちょいと残念だった。
machi-keikaku2

そして甲州市まちづくり計画の説明にはいった。説明するのはまちづくり推進室のmさん、ハスキーボイスで淡々と説明をした。

続いて役場の管理職から所轄の課に関することの説明があった。
machi-keikaku3

さあお待ちかねの質問コーナー。でも今回見渡すといつもは盛り上げてくれる役者さんは特に見当たらない・・・ただ一番前の席に資料やノートをバーンと広げて斜に構えている男性発見。チョイト期待が持てる。聞くところによると元新聞記者さんらしい。やはり終始メモを取り何か考えていらっしゃる様子。おとなりは常連のaさんがこちらはおしとやかにチョコンとすわっていた。

すると、「質問がある方?」との呼びかけにイの一番斜に構えていたその男性が「ハイ!」と手を上げた。



▽続きを読む▽
2005/02/05 16:46|どーする合併

 

小佐手の堤(ツツミ)その昔は農業用水を貯めていた人工池である。いまはその役目を果たし、水も抜かれ静かにお休みしていた・・・その堤を水上公園とする工事が始まっている。
tutumi01



▽続きを読む▽
2005/02/01 06:06|未分類

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.