FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

勝沼町総合局(案)なんだけど・・・どこに行政のスリム化があるんでしょ

今回合併の目的、行政のスリム化は・・・3食ご飯を食べていたものを合併を期に2食に減らしてなおかつもっと業績をあげなさい、もっと働きなさいなさいという民間がさらされている「ここまでやるの?リストラ」と同じこと。

それが出来なければ今回の合併は失敗に終わる。住民自治を確立したって質のよい信頼できる行政がなければだめ。わかってもらいたい。

どんどん能力を高めてもらって抱えられないほどの仕事を与えられてサービス残業、どんなに忙しくてもそれでも住民にはニコニコサービス。休日は地域のリーダーとして大活躍。オーバーかもしれないけど、そんなことが当たり前に出来るようにならないと、それ位やらないと信頼は得られそうにも・・・。偉そうだけど一般の人たちはこんな感覚で考えているとおもう。

だから今回の総合局(案)の充実さ(甘さ)加減は納得はできないなあ。それなのに総合局がこんなに充実(ポストがいっぱいある)していいのかなあ。これ見ただけでもチョイト甘いかな?って思っちゃう。それとも私だけが感覚がずれているのか・・

支所機能+本当に望む地域振興の手助け+住民自治サポートだけ充実させればいいんじゃないかなあ。まだ合併後も勝沼としてぶどうの丘はこうしたい、合併後も勝沼独自の事業を展開したいって考えてるのかなあ・・・センスがあればやってもらってもいいんだけどなあ・・


スポンサーサイト



2005/04/21 00:32|どーする合併

 

私、「地域自治組織を考えるんだったら行政の立場で上から考えないで」と言っているので本当に足元から考えてみた。勝沼町が検討している地区振興会を設置する予定の地区と今現在自治活動を行っている行政区の現状そして・・・

勝沼町は旧村単位に勝沼地区・東雲地区・祝地区・菱山地区に分かれている。その地区は区によって構成されている。勝沼の場合は主に区及び自治公民館単位での地域自治活動を行っている。その区と地区の現状は・・・

■区(自治会)の現状
・区の世帯数は少ない区で10数世帯ほど多い区になると190世帯ほど一番多いのが50世帯ほど区費を区民から徴収し運営している。
・町からは区会全体の活動への助成金はないが、個々の公的な事業に対しては原材料費代などといった補助はでているみたい。
・区は組によって構成されている。区は自治的な活動はもちろん、さらに行政の末端組織として機能し、日赤奉仕団社費や社会福祉協議会会費といった団体への集金や赤い羽根募金や緑の募金といった募金集金(たぶん町はこの集金手数料をそれぞれの団体からいただいているとは思うけどお手伝いしている区には還元されていない)や町からの広報やお知らせなどを組長宅へ届けたものを組長が各戸に配布している。
・区長には年間8万数千円+1世帯あたり千円ほどの報酬が町から出る、区長代理には18000円ほど。ただし区の運営に欠かせない会計には町からは報酬はでない。
・他に町から区単位で委嘱を受けた土木委員、保健衛生委員、体育レクレーション委員などを区の役員などに登用している。区長を始め他委員の任期は2年である。


■地区の現状
・勝沼地区が14区約400世帯、東雲地区が15区約800世帯、祝地区が10区約650世帯、菱山地区は9区350世帯ほど
・地区単位で和楽運動会や敬老会など催しているところもある(区単位では設置されていない自治公民館の関係と思われる)が、地区単位で自治活動をしている団体は無い。
・ただし各区長で構成される区長会では地区ごとに区長会長を置いている。その職務は区長会の取りまとめや町関係の委員の受け皿や地区単位に行われる町の説明会などの座長などである。
・地区にある公共的なハードものといえばまず小学校だ。他、町で行う説明会の会場を考えてみると、勝沼地区は町民会館、東雲地区が福祉センター、菱山地区が営農センター、祝地区は   を使用している。

・今回、町では自治活動の最先端である振興会をこの地区単位に設置しようとしているわけだけど、自治活動するためにはまずもって地区単位での組織を作りと拠点を定める必要がある。
・それには現存の区との関係を作り上げて行くのかが大きな鍵だ。


■ちなみに・・地区と区の中間に行政区(字)というのもあります
・勝沼地区は勝沼と等々力と深沢、東雲地区は小佐手と休息と綿塚(四季の里含む)と山、祝地区は上岩崎と下岩崎と藤井、菱山地区は菱山と中原
・さすが字というだけあって住所にも載ってる。この単位で自治公民館を置いているところも多く(例外もある)旧旧村名だけどまだまだ知名度も高く勝沼町民の間では「○△の誰々さん」と一番使われる地名
・地域協議会が存在するならば地域振興会はもしかしたらこの大きさがいいかも・・・私、地区がいいと言っていたのは地域協議会のことで、どうしても町にひとつというのなら4つの協議会を結んでブリッジ式に勝沼地域協議会をつくって。地域振興会は行政区ならどうだろう。そうしたら区との関係もスッキリしてくる。実際に綿塚の場合は12区13区で共同で区の運営を行っている。それに自治公民館は比較的行政区単位で置かれているし・・・

思うに地域振興会を作る場合、1、区と横並びに新たな組織を作る方法、2、既存の組織(区、育成会、公民館、老人クラブ・子供クラブ・PTAなど)を含んで新たな組織をつくる方法が考えられる。おそらく地区単位というのは後者だが、連絡協議会的なものになりそう。ということはやはり1と2の良いとこ取りした行政区単位も面白いかも。


いずれにしても町は、合併の中で地域協議会に何を担ってほしいのか、地区振興会はどこまで住民としてやればいいのかをハッキリ言ってほしい。ただ単に「分権型の合併だから、住民自治が大事だから」なんて漠然としたことばかり言わないで「もうこれからはこれとこれが出来ません!あとは住民でやってください。そのための組織作りです」って言ってちょーだい。何をやればいいのかがわかれば自ずと必要な大きさは見えてくるような。
2005/04/17 23:23|どーする合併

 

やっと出た。なんだかんだ言っても、勝沼町が出してきた地域自治組織(案)の形はうれしかった。この詰めの作業に住民は入っていなかったけど、今まで私、多くに町の多くの職員さんと町関係の委員をやって話をしたり町民同士としてプライベートで飲みに行ったり。そんな折、あーじゃないこーじゃないと喧々諤々した内容が十分に盛り込まれているように感じた。

おそらくお隣の塩山さんや大和さんでは到底含むことは出来ないような、突っ込んだ住民自治の形を導入しようとしているのは十分にわかる。きっと最初はうまくは行かないのも事実だとおもう。その前に塩山さんや大和さんとの足並みをそろえるといった点でもめる可能性も十分にある。でもやってみる価値は十分にありやす。

まず地域自治組織は住民の身近なところで行政サービスを提供する「地域総合局」(市の組織)と、これに連携する住民組織の「地域協議会」で構成される。そして勝沼町の旧村単位(小学校区)に地区振興会を置く。まあ地域協議会と地区振興会の住み分けが難しいけど。

地域総合局は支所機能も併せ持つ。職員の地域担当制の導入を検討する。予算においては・・やる気のあるまちづくり団体に交付金を。

地域協議会は地域審議会とはちがって諮問を受けたり審議するだけではなく、市に対して提案、陳情、要望が出せる。これって市長さんにとっては厄介なもんになることは間違いないけど。なんせ住民自治ブームなもんで。

そして今回が初お目見えの地区振興会。この枠組みを私が言っていた旧村(小学校区)単位として出てきたこと(関連はこここことここ)行政はどんどん大きくなるけど住民自治組織はどんどん小さくなる。



▽続きを読む▽
2005/04/16 22:16|どーする合併

 


任期最後の合併関係の会議にでた。私今回は戦闘体勢で行きました。この一件が引っかかっていたので。だいたい単なる順番で地区の区長会長を選んでいて。オマケに地区単位には地区区長会長は存在するものの構成する各区がまとまって行う事業はない。そんな地区にお金をポンと落とされて地域づくりしてくださいと言われても困るでしょ。

あえて言いますがその「単なる順番」という決め方を批判しているわけじゃなくって。それってこの勝沼の区とか公民館とかptaが役員さんなんかを決めるときに一番決めやすい方法として落ち着いた形。だからその決め方自体は勝沼の風土に合っているものなので問題ないんだけど。いざその組織に新しい課題を課せられたときに新たな問題がでるんじゃないか?と心配しているわけで
よくよく話を聞くと・・・地域自治組織を検討していくなかで、旧村であり小学校単位の4地区(勝沼・東雲・祝・菱山)に地区振興会を設置し住民自治の確立に努めていただくソフト事業・・・研修に行ったり、講師を呼んでの学習会したりといった地区振興会を学び、必要性を理解し、作り上げるための呼び水的なものだという。

気持ちはわかるけどあまりにも唐突で。私は前から地区単位(小学校単位)でコミニュティーが出来ればいいと言っていたものの、住民を巻き込んだ議論もしないまま「はい、これが案です。予算もつけました」って言われても。もう合併まで日がないので検討段階のものに予算を計上しちゃうなんて、乱暴なんだから、もう。

もしかしたら「お金あげるから、あとは自分達の地区を自分達で運営していく組織を自分達で作ってね」なんて、まったく、国が自治体に与えた飴「特例債」と変わりねーぞ。

だいたいほとんどの人たちは合併後に、行政サービスが低下して、負担が増えて、担当者が減って、公園の遊具は自分達で直して、地域介護は手薄になって、学校が統合されてなんて・・・そんなにシビアには考えてないんじゃないかなあ。

今回の地域総合局の設置案でも合併でコストダウンさせるという意気込みはあんまり見えず、見た目には今までよりずっとサービスが良くなるんじゃないの?って誤解さえ与えそう。そうなりゃそれでいいんだけど。

「こんなにシンプルにしちゃっていいの?」ってぐらいな案を見せられれば「あとは俺達がやらなきゃ」ってなるけど、見た限りでは至りに尽くせりの感じ。

総務課とか本庁で出来るものはいらないんじゃないの?って言ったら。そう簡単にリストラはできない。段階を経ないと。ですって。行政がそんなヤワじゃ、住民だって悠長に構えるしかない。行政として支所機能は充実させましょう。住民自治にはどんどん手を貸しましょうなんて、出来るのかなあ。最初は窓口業務主体の支所(総合局)機能ぐらいにしておいて、あまった力(人)は地区振興会の回し付けに翻弄するぐらいでどうかなあ。

それ言うと一度支所(総合局)からなくなってしまったら二度と置いてくれない。例えば地域振興業務、勝沼独自でやってきたものを続けるためにはその担当部署を絶対残さなければだめだ。という答えが帰って来るんだよなあ。でも本当に独自の事業を続けたほうがいいのかなあ(関連ここ)

最後に委員の在宅介護支援センターのセンター長さん「合併すれば勝沼担当が2名から1名に減らされるかもしれない」と発言。こういう話が大切。今まで当たり前になされてきたことが無くなっていく、今までタダだったものが有料になる。公園の遊具が壊れたら自分たちで直してね。保育園がなくなるよ。学校も統合されるよといった具体的な話がでてはじめて真剣な議論になるのかなあ。


2005/04/16 21:09|どーする合併

 

勝沼町では平成17年度の予算に町内4地区(勝沼・東雲・祝・菱山)へまちづくり事業に対する補助金を骨子とする地域振興費を計上したようだ。

詳しくはわからないんだけど、これ大丈夫かなあ。勝沼では分権型の合併を目指していくために住民自治システムを提案したわけだけど、ライブドアとフジテレビの業務提携の中身のように具体的なものは何にも出て来ない、というか住民を巻き込んで詰めた話をする気も未だにあんまりないようで。

今回の地域振興費は合併と同時に組織される地域自治組織(地域総合局と地域協議会)が狭域的なまちづくりを担っていく前段階として地域に振舞われるらしい。

私、基本的にはこの4地区という旧村単位で住民自治を、というのには賛成なんだけど、でもまだそれを実行していく組織が出来てなーい。唯一拠点として小学校や集会場があって、あとは地区の区長会長さんがいるだけ。ましてこれから出来る地域自治組織だって勝沼町単位であって、地区単位ではない。

そしてその小学校だってまだまだ地域活動の拠点になるほど開かれてないし、地区の区長会長さんだって各地区の区長さんが順番に就任するのであって、自分の地区の諸々の問題を抱えながら地区をまとめなくちゃならないから、地域自治への専門知識を身につけるにはやっぱ時間かかるし。

住民主体のまちづくりをしましょ、って簡単に言うけど。それにはしっかりした組織と拠点があって始めて成り立つんだし・・・。それも出来ていないのにお金を出しましょうなんて・・・。

それに地域振興費って言われちゃうと、なんか名前からして、「地域振興」例えば道路を作るとか補修するとか公園作るとかそういったものに使われがち。

まちづくりのために、といっているのだから基礎的な基盤の整備事業とは別に、地域文化振興費、地域学習費、地域伝統文化保存費とか、今ある大切なもの、勝沼が農村型の故郷として失ってはいけないもの、継承していかなくてはいけないもの、そして地域の人たちがまず自分の地域の歴史や文化を知る活動や事業に対しての補助金をだしていったらどうかなあ。

実は私、昨年度は都市マスの策定には関わったけど、やっぱ勝沼は農村型。こと地域におけるまちづくりに関しては新しい感性で、新し物、新しい事、あたらしい価値観で、云々よりも今あるもの、残さなくてはいけないものを地域住民に気付いてもらうことからはじめないと。

そんな活動の中で学校を開放してもらって大人寺子屋をやっちゃったりして。

まあ今回のこの地域振興費にしてもそれを実行できる受け皿を作らないと。地域自治組織の中身を考えないと。既存の区を利用すればいい、公民館単位でやればいい、なんて容易いものじゃないような気がする。
2005/04/15 22:07|勝沼のこと

 

乃んきのゴルフコンペ。最初は私と四季の里のtさんと乃んきのマスターでまわる、と聞いていたのに、私とtさんはいつの間にか最終組にまわされてた。メンバーを見ると勝沼町の前々町長さんと同じ組だ。
sato1

前々町長といえば、町民や役場職員を奮い立たせ輝かしい勝沼町を築き上げたお方。ここの勝沼ゴルフ場もパブリックという形で在任中に誘致した。若干緊張しつつご挨拶をすると私のことを知っているようでちょっとうれしく思った。

御歳76歳と言ってましたが、そのタフさには脱帽。しっかりとして腰つきでカートにも乗らずグイグイ歩いていく姿に感動すら覚えました。ゴルフの腕前だって・・・おはずかしながら私負けてしまいましたから。

この年で100を平気を切ってきちゃうし近年のベストスコアは89っていうんだから。まさに神業。アーノルドパーマーが、自身がデザインしたマスターズ(オーガスタ)をまわっているようなもんだ。プレイスタイルも紳士的でミスショットが続いても腐る素振りも見せず淡々とプレイしてた。

さらにぶったまげたのが、なんとゴルフを始めたのが65歳。町長を辞めてから2~3年後というのだ。私も40過ぎてからバスケを始めたがそんなのでんでん比べ物にならないくらいすごい。

言葉遣いだって丁寧だし、まあ立派な人ほど虚勢をはらないもんなんだなあ。

食事の後、ゴルフ場を誘致するまでの苦労話や博物館を作りたかった話とか輸入ワインの不凍液問題とか甲州対策とか輸入ワイン商社圧力問題とか合併問題など色々と話を聞かしてもらった。

えっーうそー?なんて話ばっかりで面白かった。特に甲州市の市名については「勝沼をもっと押せる」確信があったにもかかわらず甲州市に落ち着いてしまい。残念で仕方がないようだ。区長として意見を色々と言ったけど言い過ぎるのもよくないなあ。と笑っていた。

ラウンドが終わりコンペの祝勝会で年配者(かつての支持者?)に囲まれて、どんどん飲まされて頭のてっぺんまで真っ赤になって。それでも私のところに寄って来て「今日は楽しかったよ」なんてお酌をしにきてくれたので・・また1つ、前に役場の中堅の職員から聞いた話について質問した。



▽続きを読む▽
2005/04/10 22:09|勝沼のこと

 

合併してぶどうの丘は甲州市に引き継がれる。たぶん、たぶんそんなにうまくはいかないでしょうね。まあ、もし引き継がれなくって勝沼が法人格を持っていて運営にあたっても・・そのもうまくはいかないでしょう。

だってでかすぎるもん。行政が片手間にやるんじゃ無理だって。それに今は、勝沼が産業振興として色々な事業やっているけど、作るだけつくってあとの管理はぶどうの丘で、なんつーものが多くって。無理だよそりゃ。重い月や補助金があるからってどんどん奇をてらったことやっても後の継続、管理ができないんだから。責任の所在も明確じゃないし(本当は事情をおこした部署が最低3年は管理運営にあたればいいかなあ・・・でもそんなんじゃ誰も事業をやらなくなるかなあ)トンネルも大丈夫かなあ?パラオに行くはずで白根に眠っているワインはどうすんのかなあ?

だったらぶどうの丘のどこか一角を勝沼地域自治組織が会社ひとつ作ってそいつに運営させるのはどうかなあ。地域の溜まり場みたいなもん。ワインを茶碗でのませて、カジュアルすぎる料理(煮たおこうこ、肉じゃが、漬け物)を地元のおばちゃんに作ってもらって1品100円で。

もちろんワインも出す、でも飲酒運転はご法度だから。町民バスを午後6時から11時まで動かしてもらう。もし経費がかかるのであれば、車好きの人に登録制で送り迎え、支払いは自治組織の地域通貨で。

夜だけじゃなくって直売所つくって、「私は勝沼にいってきました~」的なお土産会社の品物は一切置かないで地元の物産や生産物を置く。

昔はデッサン館⇒うるし博物館、いまは美術館のとなりの建物なんかちょうどいい大きさだったりして。とにかくでかい規模で考えないで出来る範囲から取り組んでいけば面白そう
2005/04/06 20:07|勝沼のこと

 

住民税の使い道を決める際に住民の考えを直接問い、政策決定に反映する動きが広がりつつある。埼玉県志木市は、個人市民税の1%分を、アンケート調査を通じて市民が支持した事業に配分する制度を二〇〇五年度にも導入。千葉県市川市も、申請で意思表示した住民の市民税納税額の1%分を、納税者が指定した民間非営利団体(NPO)などに交付する制度を創設する。(神戸新聞より)

この取り組みは「1%条例」といわれハンガリーの制度(パーセント法)を真似たものらしい。ハンガリーの場合、所得税の1%をNPOなどの団体にもう1%を宗教団体に提供するように指定できる制度

市川市や志木市の場合は住民税を対象に検討されている。もちろん宗教団体へという話はないようだ。よかった。

市川市では支援を求める市中の81のNPO団体が名乗りをあげているらしい。地元のケーブルテレビでは各団体が30秒ずつ活動をPRする広報番組も放映される。

▽続きを読む▽
2005/04/03 22:05|勝沼のこと

 

私改めて勝沼という地を考えると・・1次産業の農業、特にブドウ栽培は一流であった。扇状地という地形を利用したブドウ栽培、そしてその畑が織り成す山肌のアンジュレーション。水平を大切にする棚田などのそれとは、まったくちがう景観である。これこそ勝沼である。

そして2次産業のワイン産業、今でこそ長野(長野県と比べちゃう、それだけでもすごいんだけど・・)に先を越されそうな勢いだが、やはり今までの勝沼は一流であった。人口1万人足らずの町にワインメーカーが30数軒しのぎを削っていた。それぞれのワイナリーはそれぞれ個性を出し日本のワイン作りの最先端を行っていた(る)

そして3次産業の観光、観光ぶどう園をはじめ、ぶどう狩りを楽しませる施設が昭和30年代から増えシーズンには大勢の観光客が訪れていた(る)。ぶどう狩りというひとつの観光の要素としてはやはり一流であった(る)

どれもこれもそれぞれが産業として成り立っていた。飯が食えた。そこにはやはり「勝沼」というブランドが存在していた(る)のだと改めて思う。ブドウといえば勝沼、ワインと言えば勝沼、ぶどう狩りといえば勝沼であった(る)。



▽続きを読む▽
2005/04/01 00:00|勝沼のこと

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.