FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

先日行った千葉県南房総市和田町「なの花まつり」合併初年度の今年までは行政が予算を出して音頭をとっていたようだが来年からはそれもなくなるらしい。合併の影響だ。住民が工夫をしてぜひこの祭りを続けてほしい。

そういえば勝沼の中学校の上のcenter community plaza(以後ccp)も自治公民館の取りまとめとしての機能がなくなり、勝沼独自の予算も付きづらくなるらしい。祭りやイベントごとは専門の部署が担当するらしい。まあ仕方ないよね。行政改革の機構の部分だから。

でも地域自治組織はどうしちゃったんだろう。勝沼の場合他の地区とは違って自治公民館活動が盛んで結構コミニティの形成に機能しているんだけどその事務局的なものがなくなっちゃっていいのかなあ。騒がなくっていいのかなあ。大事なことなのに。

そもそも自治なんて難しいことじゃなくって自分達の住んでいるところを自分達の意志で住みやすく行動すること。必要なものや便利なものがなくなるときには大騒ぎしたほうがいい。「ccpがなくなるよ」って。難しい問題はさあ、議員さん任せておいて。

なくなるのは避けられないと思うけど、このことで住民が問題意識を持って話ができるようにすることが大事。そういうことを住民に伝えるのも自治組織の大切な役目。自治組織が団体自治やっててもしょうがないんだから。

さて、ぶどう祭りもおそらく新設される市の専門の部署が担当するということらしい。

ちょっと言わせていただければ、お祭り=観光と簡単に考えてイベントといっしょにされると困る。日本の長い歴史の中で「お祭りごと」は政治の中の大切なものとされ(たしか政治の政もまつりとよむ時もあるとおもうんだけど)有力な氏族が執り行ってきた。市役所の政策を担当すると同じくらい大切な中枢の部分。

曽我氏と争った物部氏は当時の政治の中で「警察」と「軍事」と「祭り」をつかさどっていた。飛鳥時代の大宝律令の中央の政府は一般の政治をつかさどる太政官と祭りをつかさどる神祇官に分かれていた。

だからどうした?といわれそうだけど、行政改革っていったって一番先に必要なのは意識の改革でしょ。となれば(とても短絡的に)お祭り!「祭り」に「祀り」どちらも精神が大切。これをどうにか意識改革に結びつけられないか?とっても乱暴なこじつけでした。
スポンサーサイト



2007/01/20 18:32|勝沼のこと

 

勝沼には海がない。海が見たいがために○部横断道を建設する!と夢を語った偉い人もいたようだが、世の中が無駄遣いと判断したのか話は一向にすすまない。

海が見たくなった、真冬の海、しかもまっすぐ泳げばアメリカに渡り着く外房。房総半島の先端。
wada2007_0114AA_160.jpg


話をいただいて10日ほど、旧勝沼町とは友好町であった和田町のなの花まつりに出店した。突然の決定のため私ひとりで"ほうとう"と"ワインセミナー"を引っさげて訪和田する一行に同行した。
wada2007_0114AE_160.jpg


なんと言っても"なの花まつり"なのだから薄着をしていった。12月までは半袖で歩き、正月を境に厚着にする私だが予備に持っていったダウンを脱いだのは昼過ぎの1時間だけだった。
wada2007_0114CX_160.jpg


感動したのは海の町和田町のおっちゃん、おばちゃんたちは勝沼が大好きということ。勝沼からはぶどうの丘がワインの即売も予定していたが江戸を通り過ぎたあたりでパンクに見舞われ海を見るはずのワインは到着しなかった。勝沼のワインが届かないことに多くの和田町民が落胆していた。
wada2007_0114CN_160.jpg


つづく




2007/01/15 23:30|他事例、先進事例

 

たぶん、サンニチよりも、どのプレスよりも早い発表です。

室さん入ってくるなり
「標高720メートルで一日中とんでもないものを発掘してるから疲れた。今日は早く終わらせてね」

勝沼づくり第9回目室さん講座、今年第1回目だ。
IMG_4452_160.jpg

昨年暮れ、今回のこの講座のお題は・・・と聞いたところ「今ね、とんでもないもの発掘しているから。景徳院掘ってたらとんでもないものが出てきた!いままさしく掘っている最中。だからね、つぎの講座はね、この話にしよう!ちょうどさ風林火山も来年から放映されるし。じゃーね」

って電話切っちゃった。

室さん講座がはじまると大きく引き伸ばした写真を広げた。
IMG_4448_160.jpg


んん?なにそれ?

IMG_4449_160.jpg

「ただの石ころじゃないんです」
「勝頼公の200回忌記念の墓石を改修でどかしたらこんなものがでてきた」

IMG_4453_160.jpg
IMG_4456_160.jpg

そこには勝頼と北条夫人と息子の信勝の戒名が記されている石をはじめ、魂供養のために経文か書かれた無数の小石。それが墓石の下に埋めてあったというのだ。

歴史上に名のある人物に関する遺跡がこれほどまで鮮明に出てきたのはまことに珍しいとのこと。さらにもしかしたら・・・自害をしたとされ京にさらされた首級から離れたお身体ももしやこの下に・・・。

そりゃ室さん夢中になるわけだ。

というわけで講座はいやがおうにも盛り上がった。風林火山の放映が始まったと同時にとんでもないものが発掘されてしまった。

そして信虎の弟で風林火山では第1回の放送で北条軍の矢を脳天に受けてしまった勝沼信友。その勝沼氏、実は歴史上でとんでもないお役目を果たしていた。

悪者とされていた信虎の人生、武田信長なる人物、歴史は未来よりもロマンにあふれている。





2007/01/12 22:51|勝沼のこと

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.