FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

休日出勤が続いていたので今日土曜日の午後は休みをとって、久々にワイン関係のセミナー“甲州種ワインを愉しむ会”に行ってきました。

最近仲良しのワインツーリズム笹本代表も後半のシンポジウムのパネリストをつとめるということで氏への応援の気持ちもありまして。

前段の講演会には朝市の準備や所要があって間に合わず、後半のシンポジウムのみ参加しました。

-----
第二部 パネルディスカッション(午後2時45分~4時30分)
テーマ「10年後の甲州種ブドウの姿とは」
~産地の行く末~
コーディネーター 上野  昇氏(メルシャン(株)勝沼ワイナリー ワイン資料館館長)
前山梨県ワイン酒造組合会長
パネラー     神田 敏夫氏(フルーツ山梨農業協同組合勝沼支所次長)
三森  清氏(ブドウ栽培農家:市勝沼町菱山地区)
川端  隆氏((株)醸造産業新聞社(酒販ニュース)記者)
笹本 貴之氏(ワインツーリズム山梨 代表)

主 催:勝沼ワイン協会、塩山ワインクラブ
協 賛:甲州市
後 援:(社)日本ソムリエ協会、フルーツ山梨農業協同組合
事務局:甲州市役所農林商工課(ワイン・商工担当)℡0553-44-1205(直)
-------

サブタイトルも“もっと気軽に身近にワインを”ということでしたので、ポジティブにそして斬新にそれでいてしなやかに事は進むのかなあと思っていました。

かつて私、醸造家でも農家でもないのに仕事を抜け出してまで町やワイン関係団体が主催するワインセミナーへは足繁く通ったものでしたが、わけあってこの頃はしばらくご無沙汰でした。

久しく、セミナーなるものに参加、ということで、ワインを愉しませるためにどんな話を聞けるのかな?しかも楽しませるじゃなくって、愉しませるですよ。どこがどうちがうんだろう。

!!弥が上にも胸が高まります(ちょいとオーバーでした、はい)。

ただやっぱ少しだけいやな予感はしていました。だって本日のお題が

“「10年後の甲州種ブドウの姿とは」~産地の行く末~”

なんだから。

行く末って?なんかネガティブじゃないの?まさか勝沼では誰もが知っているあの暗い確執の話をまたするの?

不安は的中してしまいました。

コーディネーターの上野さんから「平行線」「けんか」「買い入れ価格」「糖度が高ければ」とかつても毎回聞きなれた言葉が放たれました。

ちょっとまって!それじゃ愉しめないよ。

とどめは酒販ニュースの記者さんパネリストの「農家とワイナリーの溝は10年前から何も変わっていない」「甲州種はなくなる」「なくなると本当に困るのか、逼迫した様子が見えてこない」
正直私、この記者さんの発言はごもっともだと思っています。ずばっと言って気持ちよかったです。まあ過去にもこういったセミナーでズバズバいう人ももちろんいっぱいいました。でもね。

今日は愉しむ会でしょう、いくら無料って言ったって。愉しむどころか気分を害したし。語りつくされたブドウ栽培農家とワイナリーの仮面夫婦の暴露話なんか聞いたってちっとも面白くもないし、これって産地の恥でしょう!関係者だけ密室で一生やっててくれればいいのに。

甲州市の協賛も受けているんだし、だったら輸出業の私とすれば「円高をどうのりきるか」のシンポジウムをやってよ。ずっと建設的な意見を出すから。

私は四季の里という新興住宅地に住み着いて、地域産業を理解しようと醸造家さんやソムリエさんを招いて6回ほど地域でワインセミナーを主催しました。でもその時感じたのが「これが日本一の産地の現状なの?」ってことでした。

だからワインにもブドウにも直接は関係ない「朝市」を自分の活動の場としました。先人たちが作り上げてきて、行政も税金をつぎ込んで応援してきた地域産業の両横綱が大喧嘩。どちらも歩み寄らないし。

でもそれを良し、としているんだよね。愉しむ場でもやっちゃっているんだから。やっぱ変わってなかったです。寂しいです。

ワインツーリズムを成功させたパネリスト笹本さんも「私たちの活動はワインありきなので甲州種を絶やさないで」と。立場的にはそれしか言えないでしょう。

本来ならね、笹本さんに「ワインツーリズムではワイナリーと農家そして住民をどうやって結びつけたの?お願い教えて」って聞くのがあたりまえでしょう。唯一この人が今まででは考えられなかったワイナリー、農家、住民の協働事業をやりのけたんだから。

もういやになっちゃったんで隣にいたaruga-noの社長に「いまだにこの話しているんですね」と言い残して、脱出。朝市の準備に取り掛かりました。その後、話はどこに着地したか知りませんが、またしばらく業界や行政主催のワインセミナーにはいきたくなくなっちゃいました。しかも朝市の準備の途中でスバル朝市号が吹け上がらなくなっちゃうし最悪。

朝市は毎回が愉しいもんねーだ。
スポンサーサイト



2009/02/28 19:12|甲州市のこと

 

行政は協働の名の下に「行政がやらせたいことをやらせる」のではなく「住民がやってもらいたいこと」をやってください。
2009/02/18 21:07|未分類

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.