FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

山梨市は、首都圏でのディーゼル車の規制強化に伴って東京都多摩市が同市内では使わなくなった消防ポンプ車5台を同市から無償で譲り受けた。17日、多摩市から山梨市に引き渡された。市消防団が使っているポンプ車が老朽化していたところ、多摩市がポンプ車を更新する情報を“キャッチ”、中古ながらも市の負担なしで入れ替えることに成功した。
譲り受けたポンプ車五台はいずれも一九九二(平成四)年式。これに対し、山梨市内は昭和五十年代に導入したポンプ車をいまだに使用していて、老朽化が進んでいたという。
新ポンプ車は市消防団の日下部、岩手、後屋敷、山梨各分団が使用する。
多摩市では、ディーゼル車規制に伴ってすべてのディーゼルエンジンのポンプ車を更新。山梨市消防団長らが今年、関東近県の自治体が集まる会議に出席した際に、多摩市が更新することを知り、山梨市で譲り受けることを申し出たところ、譲与されることになった。
ポンプ車は山梨市のほか、東京・八丈島(八丈町)にも譲渡されたという。
ポンプ車は新車の場合、一台一千万円以上に上る。中村照人市長は「経費節減の面からも大変ありがたい。有効に使いたい」と話している。
山梨日日新聞10/18

-------------------------------

特殊車両は高すぎるんだよね。しかも市は定価で買ってるんでしょ?

私も自動車を扱っている仕事なので、新品同然の消防車がスクラップになるシーンを何度も目の当たりにしてきた。こちら

---------------------------------
「もったいない」
ケニアの環境副大臣、ワンガリ・マータイさんは、砂漠化がすすむアフリカに緑を増やそうと、木を植える活動「グリーンベルト運動」をひろげたことが認められてノーベル平和賞を受賞したんだ。

 今年2月、官邸で小泉総理と会談したマータイさんは、日本に来て『もったいない』という言葉を学んだんだって。「日本人は物を大切にし、日本の環境保護はとても進んでいる。これは『もったいない』という気持ちが日本人にあるからだ。『もったいない』の精神をぜひアフリカにも広めたい。」とも言っていたよ。
首相官邸キッズルームより

---------------------------------
私の(自動車)業界では日本ほど「もったいない」ことをしている国は他にはない。

(余談ね、余談)みんな知らないかもしれないけど自動車の新品の部品の価格は私の知っているどの国よりも日本が一番高い(現地モデル車両の部品の価格の比較)。車自体の販売利益はなくても部品でかなり儲かっているよ。プリンター会社がインクやトナーで利益を出しているように。純正部品が日本の1/10で手に入るものもあるし・・。ナイショだけど。
スポンサーサイト
2006/10/24 20:23|甲州市のこと

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。