FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ftpath003


勝沼フットパスHP

お試しイベント「勝沼フットパス」が終わった。天候にも恵まれ(まるで神様が応援してくれたような暖かさ)一応成功だった。
ftpath002

明けて翌日、山日に記事が載っていた。さすが若手の記者、上辺だけをしっかりレポート、そつなく記事にしている。でもね記者さんまだまだ甘い。というか記者さんに説明した人も言葉が足りない。

このイベントへは大きく言って2つの大きな思いがある。

そのひとつはまさしく記者さんが載せてくれたように
甲州市が観光振興策の一環として近代化遺産の拠点とフットパス用の散策路の整備を行い、今回のイベントはその観光客が安全に安心して歩ける道かどうかを検証するということ。

そしてもうひとつ大切なことは(これは担当者のmtさんが語っていたことだが)
勝沼を楽しく歩くために、地域で何ができるかを発見する事』です。歩く人が知りたがる勝沼の風景や歴史のエピソードは何か、道に迷わないためにどういうマップやサインがあったら良いか、何が喜ばれるのか、何を改善したら良いのか、など、これまでまちプロ(まちづくりを検討する地域住民組織)で検討してきた事を、どう実践に結びつけるかを試すことが最大の目的』

ここなのね。拠点を整備するとか遊歩道をどうつくるかももちろん大切だけど。地域住民をいかに関わらせるかを第一目的にもっていかないとね。私たちはどんなおもてなしが出来るのか、をも含めて考えるべきイベントだった。

だってそうでしょ、遊歩道が整備されて勝沼のこみちを歩いていたらSSの消毒降りかけられたとか、地元の人たちに「なに?あんたたち?」って目で見られたらおかしいでしょ。

でも実際に今回のイベントで私達住民も大活躍したし、表向きには市のイベントを手伝ったように見えるけどかなりの部分で主体的に関わってきた。住民との共催といってもおかしくないかも。しかも私達住民が独自に開催したこれもきっかけのひとつ。
kaigi01


私は嫉妬心が大きい方ではないが、このイベントに関わった住民があの記事を見たときに「載ってる載ってる!でも甲州市のことだけジャン・・」となってモチベーションが下がって次の時は手を貸したくなくなるひとだっているかもしれない。

地元紙ならもっと気を使って“住民の協力の下このイベントが開催された”くらいのひと言はほしい。説明した担当者も少しは気を使ってほしかった。

住民なんてそんなもんだ。「住民パワーでこのイベントがなりたっている」くらいの言葉を入れ込んでくれれば“よーし次も頑張るぞ!”って気になる。

でも無理だよね。特集記事じゃないんだから。日々の目立った事象をニュースとして載せるんだからね。でもさそこはそれ、地元紙なんだから、ペンは剣よりも強いし、もしかしたら酒よりも金よりも強いかもしれない。ということは「起こったこと」プラス「勇気付け」ぐらいのサービスをしてくれれば更に購読者を増やすことも出来るのではないか?無理無理。
スポンサーサイト
2006/12/05 21:08|勝沼のこと

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。