FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

まちづくりって、やっぱり自分たちがやりたいことを自給自足でやればいいんじゃない?そう思う。でも社会から何らかの使命を受けていたりするものだったり、本当に必要だなって思われるもの。各種npoとかさ。この前フェスティバルで数団体と話をしたけどみんな苦しんでいる。専従の人にも給料15万円とか。パートさんには自給400円とか。よく続いているよね。さらにマネージャークラスの人探すのは至難の業だって。特に農業関係はいわゆる「追い求めてくる人」ではなく「何かをあきらめて(or終えて)逃げてくる人」が多いらしく。ほとんど続かないって。口では大農場を経営したいとか夢を語るんだけど地道な作業ができなかったり。(ちなみに私には農業は出来ないでしょう)だからせっかく教えても無駄になってしまう。「逃げてきた人」「あきらめてきた人」は続かないって言ってた。重みがある言葉だった。人が育たないから新しい事業展開しようとしても結局は自分が面倒を見なくてはならなくなり大変らしい。

それと、まちづくりとかそもそも行政が先導してやらなくてもいいんだよね。行政がやるとさ、きっと委員を選んで委嘱状渡して何度が会議やって事業やってあと次からは住民でやってね。って、行政もこれでまちづくりの仕掛けをしました、じゃねえ。ごっこじゃないんだから。だいたいは消滅するでしょ。長続きしている例を見たことは無い。

じゃ行政がどう関わればいいか強いて言えば・・・これはいつでも言っているけど「何かやってもらいたいことある?」って聞いてはもらうことかなあ・・・。

行政が仕掛けるいろいろな委員だってそうでしょ。一見委員になって会議に出て問題を議論したり、計画をつくったり、事務局お膳立て付きの事業をやったり、いかにも「まちづくりやっていますよ」風に見えるし。(実際私も嫌いではないけど)まあ何かのきっかけや気付きになればいい程度でやたら税金をつぎ込む必要もないよなあ。これって本人も行政に協力しているようでなんか誇らしげだし、挙句の果てには我々も表彰状や勲章もどきのステイタスをいろいろいただいちゃったりして・・。行政は行政で委員さんがいく団体か存在して少しでも活動して計画ができたり事業を行ったりしているだけで「協働のまちづくりが盛ん」に見られるし。でもやっぱ違う気がする。やらされている気がする。役をやることはまちづくりの役を奉仕でやっているだけだとおもう。

自分のやりたいことを自分で形にする(新たに作ってもいいし、人の手伝いをしてもいいし)そういった能力というかそういうことも必要だと思う。そういう能力を子供の時に少しでもつけさせる教育も必要だなあ。学校でやれ、なんて決して言わない。家庭と地域でその心を宿らせればいい。我が家はどうかというと多分宿らせてはいません。このあたり夫婦の共通の考え方が必要になるはず。親の背中を見て子は育たない、影響は受けるはずだけど。

一般に行政から来るまちづくり関係の役?仕事?を受けてもそれは奉仕なんだと思う。(ちなみに私、奉仕も嫌いではないです。だから否定しているのではありません。)奉仕は奉仕なんだらただ働き。または安い賃金で文句を言わず働く。そして行政や地域から感謝されてもいい。でもボランティアはあくまで志願兵、そして行政とは対等。好きでやっているんだから頭を下げてもらわなくてもいいし、こっちは好きなことをすき放題やるし。以前は境目を見失っていた。頭の中でここをしっかり線をひかないと。また怒られるだよなあこんなこと書くと。

地域自治組織だってそうでしょ、いかにも地域に自治を残すために必要だなんて言ったってなんの機能もしていないし、そもそも自治(団体じゃなくて住民自治)ってなんなの?を的確に答えられる人はどれほどいるの?自治なんて、組織をつくってしゃっちょこばってさあやりましょっ、んでなにやるの?てもんじゃないでしょ。

そして一番気になるのはお流行の「○×リーダー養成講座」なるもの。講座を受ければあなたは何とかリーダーです、なんて使えないような資格を与えて、しかもその団体(協会?)の運営のために高額の講座費を払わせられたりして。小船の船頭さんばっかつくってどうするのよ。船をこぐ人はどこにいるのよ。

どうも形を作れば「やったように見える」ようだ。そうじゃない、絶対無い、計画をつくっても組織を作っても実行されないとだめ。エクセルで予定表組んで誰が何をやるのかto do表つくってお金を管理すればいいんじゃないの?そうそうそれでさえ誰が「何をした」ということは打ち込まないといけない。やるためにつくるんだから。そうすれば実行されない計画づくりのためにお金を使わなくてもいいんじゃない?

あと、まちづくりは難しく語っちゃだめ、だって実行する人はみんななんだから。わかりやすくストレートに。学者さんや学識経験者さんや知ったような行政のobが簡単にしゃべろうとして結局は難しいことを言っちゃだめ。問題があることをひとつづつ解決することからはじめればいい。地元病院の産婦人科がなくなると困るから動けばいい。それだけのこと。今日は有志が朝市を利用して署名を集めに来るらしい。どんどんやってください。勝沼では暮らしをよくする協議会というとんでもなく緩やかな連合体が「お通夜の簡素化」を実現してしまったぐらいだから出来ないことはない。組織なんてその時に作っちゃえばいい。まちづくり会とか大きく掲げなくても具体的に「○○をする会」のがいい。総論を唱える人は去り是々非々で有力なひとが集りやすい。

これから朝市の準備にいかないと、メンバー3人がインフルエンザを患って、私ともう一人で40以上出店する市を運営する。それだってできちゃうんだ。
スポンサーサイト
2007/03/04 04:39|想い

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。