FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

hey i will show you guys something good japanese culture. follow me!
これからちょいと面白い日本の文化を見せっから付いてきな!

よくよく考えたら田舎道で見知らぬ日焼けしたチビに突然話しかけられてついていくのはやばいんだけど。彼らは来た。ちょいと不安な顔をしていたけど、私は目一杯の笑顔で不信感を取り払って。半ば無理やり彼らを横道の鳥居のふもとまで連れて行った。

「いまこれから俺、盆ファイヤーログを積むんだ。このログを担いで登るのさ」と気取って山肌を見上げた。まだ彼らはキョトンとしている。どこにそんなもん積みあげるんだい?きっとキャンプファイヤーの様に高く積み上げることを創造しているかもしれない。

今度は山肌嵩くを指差し、あの点々がログを積むところ。そのログに火がともれば大きな鳥居の形になるんだ。
torii2007_0909_121320AA_160.jpg


「なんで火をつけるの」

ありゃ?そうかそこからか。オッケー。英語の能力全開モード。

「日本ではお盆という時期にご先祖さんが帰ってくるんだ。天国にいるご先祖さんが帰ってこれるようにここですよって、鳥居の形がゲートの入り口をかたどるんだ。」

なるほど・・

「実は来週ボランティアが150人ほど集まってそのログを積むんだけど、私残念なことに海外出張でいないんだ、だから特別に期日の前に一人で勝手に積むんだ。だってこれ私の大事な年中行事のひとつだから」

oh good!

やっと納得してもらえた。でもさすがに「一緒に登って積むかい?」への返事はノーだった。

ここにもひとりクレイジージャパニーズがいたなと思われたかも。

私はさらに勝沼を語った・・続く
スポンサーサイト
2007/09/21 23:01|ぶどう祭り

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。