FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

勝沼はぶどうとワインの故郷。その勝沼で生まれて勝沼ですくすくと育ち、勝沼を一歩でたところで立派に重川に合流する田草川。

かつぬま朝市が第2期に開催されていた場所も田草川のほとりでした。そんな故郷の川なのに一番の仲良しのはずの子供達を田草川で見かけることが少ないのです(余談だけどそんな水際で遊ぶ子供達をミズガキと呼ぶらしいです)
tagusa2005_0821AS.jpg


そんな田草川(そして日川)の定期的な水質の調査を実施しているのは勝沼調査(しらべ)隊。地元高校のS先生と田草川流域に住む生徒さんたちのグループです。
tagusa2005_0821AP.jpg



この調査の発端となったのが私も関わっていた勝沼町まちづくりプロジェクト(都市マスタープラン、まちづくり計画、景観ガイドライン作りに携わりました)の「まちあるき」事業でした。そのまちあるきで体験した勝沼は思った以上に魅力の乏しいものでした。遊休農地の多さ、宣伝看板や幟旗のセンスの無さ、ぶどうの傘紙の散乱、景観上好ましくない構造物、交差点や道路に乱立する電柱そしてその上を縦横無尽に走る電線、そしてさらに愕然としてしまったのが勝沼を流れる川に捨てられた空き缶や肥料の袋の多さ、異臭を放ちながら川に注ぐ用水路。これが曲がりなりにも果樹産地では全国でも有数とされる勝沼の姿なのか。そういえば農薬の残留液が流されたためか川の水が異常に変色してしまったという話も聞いたことがありました。
tagusa2004_1211BF.jpg


ショックを受けた私たちは川の水質を専門に調査している大学の先生を招いて話を聞きました。川は正直、上流の汚染がそのまま下流に流れる。川は地域の健康のバロメーター川をきれいにすることが地域を住みやすくする第一歩である。ということを学びました。

川をきれいにすれば子供達は川で遊ぶであろうし、川から様々なことを学ぶであろうし、疲れた大人たちも憩うであろうし癒されるだろう・・ということはわざわざお金を使って公園を造らなくてもいいかもしれない。川をきれいにすれば散歩道として活用され、ウオーキングが盛んになりメタボが少なくなるかもしれない。川をきれいにする活動こそがまちづくりの第一歩になると思えるようになりました。
DSCF0101.jpg



つづく

関連ページ
スポンサーサイト
2007/11/05 23:38|勝沼のこと

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。