FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「まあ最近じゃさ、視察団がバスで来てくれるようになっちゃってさ」

「やる限りはさ、やっぱ長く続けたいよね。しかもさ、地域でやってるんだからさ、補助金もらってドーンと花火打ちあげて鳴り物入りで始まるより、自給自足で細く長く、まず自分たちが楽しみながらやりたいよね」

「でもね。これって意外と難しいんだよね。俺もさ“長くつづく秘訣あんの?”って最近よく聞かれるさ」

「力入れれば入れるほど違う方向へ行っちゃって疲れちゃって“俺、なんでこんなことやってんだろ?”って。

ここまできたら、彼女が犬の手綱をすっかりと握り締めつつ私の方向へななめ45°体ごとこっちに向けて話を聞いている。しかも顔つきがおかしい。

すごくよくわかるんです。あっしぃあっちでクラブの企画とかやってるんです。でも最近ちょっと煮詰ったというか、マンネリというか、人の入りもあんまりよくなくって。少しやめようか、って思っていたりするんです。

「へえー、自分が力入っちゃうとさ、他のスタッフや出演者に“こうしてほしい””なんで出てきてくれないんだ”って思っちゃって、もっと楽しくやりたい反面、人とうまく行かなくなるんだよね。

えーそうなんです・・・。

「あんまりメッセージ強すぎると引かれちゃうときあるよね。あと関心あるひとでさえ、毎回来てくれるってことありえないよね。これはスタッフにしてもお客さんにしても。いろいろな事情があってさ。でもここにまた来たいな、戻りたいなって思える場所やイベントだと必ず戻ってきてくれるんだよね。」

・・・・。

「俺らさ、ハッキリ言って規約だってないし、スタッフの任期もないし、そもそも運営組織だってないさ。身の丈でもいいから毎回階段を登るようにやってくると、だんだん視界が開けてきて、その先の進むべき方向というか、迷ったらどっちにいったらいいかの答えが生まれてくるんだよね」

・・うんうん。

「目の前に10段ぐらいの石段があったとするじゃない。登る前はその先に何があるか見えないけど、階段を一歩一歩自分の足で登ることによって、その先にあるものが少しずつわかってくるよね。だから一歩あがって何があるのかを見ながらまた一歩、また一歩、頭が理解しながら次に進むべき方向が見えてくるんじゃないかなあ。」

はああ・・・。

「イベントってよく陥るのがいきなり補助金もらったり、組織つくってお金かき集めて華々しく開催されるけど後どんどん盛り下がっていく例が多いよね。これってさ、きっと階段をだれかにおんぶしてもらって一気に上がっちゃったみたいな。1歩目、2歩目で何を考えたかが一番大切だとおもうさ」

「あと・・・学生のコミニュティとか繋がりの延長でイベント仕組んで成功しても、それが地域で機能しないんだよね。学生だと人集めは楽だけど地域じゃそうはいかないからね。」

「あとさ、行政がやるイベントってさ予算がしっかりあるからチラシも作れるし、しかも組織や担当部署を通じて配布もできるし、広報と一緒に全戸配布だってできるし。これって俺らからすれば考えられないアドバンテージだよね。そんなに恵まれているのに「人がこない」ってぶつぶつ文句言ってるし。俺は“企画がショボいんじゃないの?”ってつぶやいてるけどね。」

「それに人が○○人来たから成功した○○人だったから失敗だったとか、その物差しおかしいんじゃないのって思うよね。行政の物差しは必ずこれ。人さえくればいい。報告書に書きやすいからね。」

やっぱ私たちも人が来てくれないと・・・。

「でもそんなプレッシャから運営者側がギクシャクしたり・・

続きますね、つづけます
スポンサーサイト
2009/06/21 06:57|未分類

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。