FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

甲州市のリーダーさんが地域に出向いて市民の意見を聞くこうしゅう市民懇談会に行って来てリーダーさんからかなり憤った感じで「あなたは勘違いをしている」と言われてきました。

むきになるような質問じゃないのに、しかも鳥居焼きの電飾のことなんかひと言も言っていないのに、勝手に「あなたは鳥居焼きの電飾について言いたいのでしょうけど」って深読みまでしちゃって。親しみがあったのに。ちょっとがっかり。

私が質問したのは
「私の言うことはもしかしたら勝沼の地域エゴに聞こえるかもしれませんが、質問します。甲州市では観光に力を入れている。その観光部が「生涯学習」や「社会教育」として担うべきものまで背負ってしまい、本来の形を崩してしまう恐れがあるのではないか。

例えば、ぶどう祭り。※現在のぶどう祭り実行委員事務局は観光部で勝沼町時代は生涯学習課
ぶどう祭りは複合的なお祭りで「収穫感謝祭」「雀宮のお祭り」「鳥居焼きの盆の送り火」「観光的なイベント」「(かつては)町制際などの儀式」「優良ぶどうの表彰」すべてが含まれているお祭り。

神事や仏事もあり、お祭りのあり方を考えた時に、何人集客できたという従来の観光という視点だけでは歪が生じるのではないか」


きりっとした表情でやおらマイクを握ったリーダーさん開口一番
あなたは何か勘違いをされているのではないでしょうか?
ぶどう祭りはあなた達がやってきた勝沼町時代からなんら変えていない。事務局も実行委員の組織づくりも何も変えていない。変えたのは唯一、開催日を日曜日から土曜日にしたこと、それによって“ゆっくりお祭りを楽しめてよい”という声を多数聞いている。観光客が高速道路を走って鳥居の光(電飾)が見えると喜ぶのではないか。あなたは鳥居焼きの電飾について言いたいようだが(いえいえ、あたしゃ、そこまで言及してないんですけど)、儀式は儀式で早い時間、早い時期にやったらどうか。そんな意見を実行委員会に言ったことがあったが聞き入れてもらえなかったのではないか。もしあなたが変えたいのなら、実行委員の中に入って変えればいいのではないか」

私を見つめながら真剣に答えてくれました。が私はそれに対する私の言い分こそ言いませんでしたが、司会者の「よろしいでしょうか」に決して首を縦に振らずリーダーさんをうつろな瞳で見つめていました。

※現在のぶどう祭り実行委員事務局は観光部で勝沼町時代は生涯学習課 ⇒ ほら、変えちゃったんじゃない。私の勘違いじゃないし。
※私だって微力ですが祭りを考えたり参加したり、変えたりしてきましたよ。



もうひとつ質問しました
「市で観光計画を策定しているらしいが、ワークショップはする予定はあるか」

観光のK部長が答えてくれました。
「ワークショップはしない、計画づくりでワークショップをした方が良い場合と良くない場合がある。今回の観光計画ではワークショップ以外でよりよい方法で計画を策定している。たとえば有識者や専門家から話を聞くことである」

司会者の「よろしいでしょうか?」に先ほどとは違って大きく頷いた私。だってその通りなんだもん。

実は私、前晩、その観光計画を策定している委託業者○梨△研のiさんからヒアリングを受けたばかりでした。私のほかのヒアリング対象者は市内のタクシー会社さん、観光協会さんなど従来の観光を支えてきて、最近ちょっと元気がない感じの皆さんの名前が挙がりました。専門家や有識者さんってこ私が朝市やフットパスで感じている「今の観光」とは少し違った従来型のご意見をお持ちの方が多いのかとお察しします。

やっぱ市民を巻き込んだワークショップはやるべきだと思うなあ。

それはそうと、合併して専門性が上がったはずなのに、な~んで甲州市一押しの観光の計画を○投げしちゃうんだろうねえ。

まあいいけど、一応さあ、かつぬま朝市ってすごいんですよ。だって毎回、他県の行政関係の人たちや商工会やまちづくり関係の団体さんなんかが大型バスで視察に来るんだから。9月の朝市だって人口65,590人の埼玉県吉川市(※甲州市は35000人)の市長さんまで、かつぬま朝市に視察に来て私の話しに耳を傾けてくれたし、10月の朝市は静岡県の○△部の地域振興の人たちが市をやっている人たちを連れて視察に来てくれるようだし。

皆さん、お偉方さんたちも、私の拙い話しを「これからの地域づくり、地域振興、観光ってそうですよね」って聞いてくれるんですよ。恥ずかしながらそうなんです。

テントひとつの朝市をどうやってこんなに大きくしたんですか?って聞くんです。
んで、私が答えるのは
“行政の皆さんや仕掛け人気取りの人たちが通常やることをやらない”だけなんです」

たいがい皆、キョトンとしているんですけどね。それは・・つづく・・
スポンサーサイト
2009/09/12 22:30|甲州市のこと

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。