FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

鳥居焼きの電飾化についてのアンケートが回ってきた。
鳥居焼きはぶどう祭りの一環として行われるのでぶどう祭り実行委員長(勝沼地域の区長会長)名で。事務的なことはぶどう祭りの事務局である市の観光課が取りまとめる。

そもそも住民の意志を確認するにあたって世帯単位のアンケートはいかがなものか?中学生だって松明を持って山に登り点火するんだから意見を聞いた方がいいんじゃないか、こりゃ家長制度ビンビンだな、という人もいる。それはさておいて。

そもそも2、鳥居焼きはぶどう祭りの一環とはいえ、こういった地域の行事を観光課が担当するのもおかしいけど(と、いうかこの発想が私たちを混乱させる根源なんだけどね こちら)まあ、それもさておいて。

-----
実は昨年秋、鳥居焼きに電飾をということを始めて聞いたとき、居ても立っていられず甲州市のリーダーさんに「そんなのヤダ」と手紙を書いた。その後リーダーさんから「一度話を聞かせろ」というので、した。

その時リーダーさんが言った内容はeveryday新聞の今回の記事(今年3月初め)の内容に近かった、そして、こうとも言った「それはでも、地元の住民が決めること」ゆえに、ぶどう祭り担当の観光課に「検討委員会を作って住民の意思を確認するように」と指示を出したという。

私、その委員の選考方法もぜひ一方付かないようにとお願いした。

さらにはリーダーさん「ぶどう祭りは住民のための神事と観光の要素が共存している。なにも同じ日に神事をやらなくても、住民だけでやったらどうだろう」

まあ、甲州市は3市町村が合併したので各地域のお祭りやイベントを引き継ぎすぎちゃって整理整頓したい気持ちもあると思う。

この住民のための・・と観光のための・・の議論は実は勝沼町時代からあって、いわゆるお祭り分離説。

これについては私も、うまくできればそれに越したことはない、と思う。ただ一日でこれだけぎゅうぎゅうに詰めて、神事も観光もごちゃまぜでやっている今の形もそれはそれで魅力的であって、かつては批判を重ねてきた客寄せの○△レンジャーショーや真似田聖子の歌謡ショーだって、勝沼でyosakoiだって、それはそれで楽しみにしている人もいるようだし、まあいいんじゃないの。と思えるようになってきていた。

というか、住民が勝沼の一大祭りにあんまり関心を持たないので、私は私なりに、前年度の踏襲を重ねているぶどう祭りの中での自分なりの愉しみ方をちょうど確立しつつある。だから鳥居焼きを含めたいくつか重要ポイントを除けばど~でもいいっていえばどうでもいい。

やりたいことはかつぬま朝市ですき放題やってるし、今更、祭りを変えるためにエネルギーを使いたくないというのが本音。

さて、リーダーさんの言わんとしている住民のための神事に、鳥居焼きも含まれてる風でもあり、無いようでもあり・・。


その観光課、未だにリーダーさんから言われた検討会を立ち上げていないのは事実。リーダーさんちょっと甘く見られてるね。

※先日リーダーさんにお会いしたとき、私の「まだあの検討委員会立ち上がらないんですね」に「お~そう言ってるんだけどなあ」というかなり柔なお答えだった。この観光課が来年度は観光交流課としてさらに手をひろげて事業を執行するらしい。こわいなあ。怖い。観光も交流も大切なことを置き去りのまま、自治の部分にも入り込んで、この課が執行するのはこわすぎる。

さあ、リーダーさんの指示である検討会が立ち上がらずに登場しちゃったのがこのアンケート調査。え~いいっそ聞いちゃえば早いや、ってなもんですね。手抜きですね。(住民自治にも関わることが“観光”と言う枠の中で捉えられるとこういうことになるのね)

まあ、そうなれば、私、今の状況下で果たして住民がどう考えているのかも、興味があるので、アンケートもいいかなあとは思う。
※しかしまあ、このアンケート子供が考えるような様式で、何を書いたか提出過程で組長さんにも全部読まれちゃうようなもんじゃねえ。勘弁してよ。です。




アンケートの説明として「議長までやった議員さんからの提案、そして調査したら電飾が設置可能だからつけたいですか」というもの。

鳥居焼きがなんたるものかの説明は、ない。

住民はすでに知っているということなのかなあ。まあやっていることは知っていても護摩木を積み上げる作業に出てくるボランティアは決まっているからなあ。

弱ったことに電飾ゴーゴーの人たちがお手伝いしている姿は見たことないしね。

あ~あ~ 設置にかかるの試算やランニングコストやメインテナンスコストもこのアンケートにのってないや。シェーッしたくなるね。古くてすいません。


つづく





スポンサーサイト
2010/03/14 21:25|未分類

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。