FC2ブログ

勝沼のこと

プロフィール 

webmaster

Author:webmaster
ニュージーランドで生ビール1杯飲んで車を運転してスピード違反で捕まった時に撮りました。あちらでは1杯ほどのアルコールは認められています。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

重川と田草川の調査、川あるーきはいかがでしたか。
田草川の伏木橋のところで川の話をしましたが、もう少し説明をさせてください。

私たちは8年前からこの田草川の調査を行ってきました。地元の川はきれいであってほしいと願っているからです。

自分たちが住んでいる地域を人だと思ってください。そしてその地域を流れる川を血液を流す血管だと思ってください。そして流れている水は血液です。血液は体中に人が生きるため動くために必要なものを体の隅々に運びます。

皆さんがもし体の具合が悪くなるとこの血液を調べて体の健康状態を調べます。血液がドロドロして血管の周りに油がこびりついていると血管が詰まって血液が止まってしまいます。そうすると人は動けなくなって死んでしまうこともあります。

川も同じなんです。上流で油を流したとしましょう。その油は流れの弱いところにこびり付き、住んでいた魚が住めなくなってしまいます。川が汚れているということは血液が汚れていると同じことで地域に必要なものが届きません。

ただ少し前まではその必要なものが届かなくても私たちは不自由しないと思っていたのも事実です。それでは地域は死ぬことはありませんでしたから。川は必要のないものを流すものと思っていたからです。

私は皆さんが調査をしている間、川や川辺に落ちていたゴミを拾いました。ジュースやビールの缶、畑の肥料を入れた袋、工事現場などのブルーシート、ビン、タイヤやビデオデッキなんていうのもありました。

伏木橋に流れ込む用水路周辺の石には洗濯石鹸や油がこびり付いていて臭かったです。素手で作業をしていた私はとてもいやな気持ちになりました。

今度、ひうがに買物に行ったときはぜひ伏木橋から田草川をのぞいてみてください。

川は畑の間を縫って流れます。畑にまかれた肥料や消毒も土に染みて伏流水として川に流れ込みます。もちろんこれが川に害を与えているとは言い切れませんが、皆さんと調査した川の水質調査で流れ込んでいるということはわかります。

川には皆さんが実際に捕ったようにアブラハヤやアユなどの魚やトビケラやヒルなど水棲生物や川辺に生える草花や木が生活をしています。

今回の田草川の調査では水質→汚染がある、水底→汚い、魚→種類がすくなく、水の汚いところに住む魚がいる、水棲生物→汚い川にいる生物が多い、植物→川辺というより野原の草が多い、外来種が多い。そんなことがわかりました。

これは健康診断で“健康ではない”と判断されたことと同じです。

重川ではきれいな川にいるアユが捕れましたが魚の先生の大浜さんが「こんな汚くちゃいやだ」とアユが言ってると言ってました。そして本当はこのアユは釣りをするために人間が放したアユだということもわかりました。自然にいたアユではありませんでした。

そんな川でしたが歩いてみていかがでしたか?楽しかったでしょう。泳いでもみたいと思ったでしょう。今のままでは泳げません。まずゴミで足を切ったり危険です。また川の水ももし飲んでしまったら体によくありません。そして川には降りていかれる場所がほとんどありません。川で遊ぶルールも決めないといけないですね。

でももし川に自由に入れればきっと楽しいと思います。それは皆さんが一番わかっていると思います。

私たちは皆さんと去年と今回一緒に調査をしました。そしてその結果がでました。川は汚れている、健康ではないということです。

少しだけ原因を考えてみてください。調査結果見てこの川をどうして行きたいも考えてみてください。そしてこの川で自由に遊べるようになる方法を考えてみてください。

この川を活用してもっともっと甲州市を楽しくする方法がいっぱいあります。皆さんの力を借りればお金をかけずに実現できます。今度会ったときはそんな話もしましょう。

最後にひとつ私が皆さんに調べてほしいことがあります。臭くて泡だっていたドブ川が人々が集まり子供が遊べる川になった川のことです。横浜の和泉川です。お父さんやお母さんの力も借りて調べて見てください。

故郷の川、田草川調査隊員
スポンサーサイト



2010/08/16 22:34|未分類

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 がんばれ勝沼ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.